Links.NATURE

to Trail & New World

OMM JAPAN

OMM JAPAN 準備編 ~ワイルドキャンプ?~

投稿日:

いよいよ来週末の11月11日~12日に開催が迫ってきた【OMM JAPAN 2017 -NOBEYAMA-】

OMM JAPANは過去に3回出場しているのですが、今年が開催地の天候条件としては一番厳しそう。

ワイルドキャンプ?

2017年の開催情報の発表時から「ワイルドキャンプ」という言葉が使われていて、先日UPされた資料にもこの言葉は記載されていましたね。

寒さは当然ですが、キャンプ地の条件もいままでのなかでは一番厳しそう。

とは言っても、もちろん、水の補給はできるし、トイレはあるでしょうが…

牧草があってぬかるんでいるというということでペグダウンできなさそうな気もします。

こういった悪条件でのキャンプが「ワイルドキャンプ」なんでしょうね。

さて、毎年、OMM前には六甲山頂でテント泊して装備チェックしたりご飯のチェックなどしてきたのですが今年はバディと日程調整ができずについに一週間前に。

テントとタープを立てておくのは最低限、やっておこうということで…

本当は2人で協力して立てるはずだったのですが、バタバタしている間にバディが一人でやってくれました。

BlackDiamondのテントにzerogramのタープを。

テントはフレームいれての自立式なんですが、タープはトレッキングポールを使って。

本番はもっとピーンとさせますよ、はい。

タープ初めて張ったのでちょっと間違いが…当日はしっかりちゃんとします。
(オモテウラも逆だし)

タープは天気次第ですが…今年は立てるでしょう

1年ぶりにテントを立てて良かったです。

ワイルドキャンプとはいえ、自立式なので最悪ペグダウンできなくても重りをつけて風などで動かないようにしていればOKです。

天候次第ですが、雨が降れば前室のスペースとしてタープを設置します。

一昨年のOMM JAPAN 嬬恋では雨の中、テントの中でお湯を沸かしたりしたのですがあれはもうイヤです。

こぼしたら最悪ですからね。

去年も一応、タープは持っていったのですが晴れていたので張らなかったんですよね。

今年は雨というよりはミゾレ、雪の可能性が高くなっている情報が…いやー、厳しいそうだけどこういった中で自分たちがどういった経験を積めるかが楽しみです。

もちろん、地図読みも楽しみです。

 

ZEROGRAM Minimalist NANO Tarp
サイズ:285cm x 260cm
重量:381g

-OMM JAPAN

Copyright© Links.NATURE , 2018 All Rights Reserved.