Links.NATURE

to Trail & New World

OMM JAPAN 地図読み

OMM JAPAN2016に出た人も、出たいと思ってる人にも読んでもらいたいレポート

更新日:

個人的には散々な結果だったOMM JAPAN2016。

でも、2日目のフィニッシュパンチをする時にはもう楽しい。

大声で「きつかったわー」とか言ってても。

これで3回参加したけどやっぱりまだまだやり足りないこともあるし。

ということで12月17日(土)の夕方から

「大反省会」をO.B.S.きさいちにて実施しました。

OMM JAPAN2016当日の様子を写真を交えて話したり。

実際に背負っていたOMM Classic25も会場に。(食料や水以外の装備は入れて)

今回の、大反省会の参加者にはOMM JAPANの参加者はいなかったのですが、いい反応でした。

と……この「大反省会」のイベントでもお話ししましたが読んでもらいたいのは、

OMMの運営側の各リーダーが寄稿している「レポート」です。

執筆しているのは、イベントディレクター/テクニカルディレクター/コースプランナー/安全管理マネージャーの4人。運営にあたって中心的な存在。

このレポートには運営側の思いや、僕たちが知らなかった大会当日の出来事などが書いてあった。

そして、THE OMMとJAPANの違いや今後の展開など。

これを読んでると今年、31%だった完走率ストレートショートの難易度は来年以降そのままな感じになりそうだなー。去年は70%でしたからね。

まあ、そこ(完走率の低さ=難しさ)がチャレンジングなわけでやっぱり毎年参加し続けたい大会です。

レポートは → 2016 イベントレポート

 

今回、印象深いルートセレクトの1つ…

(Day1 CP5から南東方面のきつい谷の途中。ここから北東方面へ)

 

1日目ミスパンチで失格だけったけど(ミスパンチ前の)このCP4からCP5のルートどりは自分たちの実力ぎりぎりに攻めたFine Selectだったと自負してます。

CP5の南にあるトレイルの終端を目指して急登の谷の始まるロードで僕は直進コンパスをセットしたのだけど、その通り目の前に「トレイルの終端」が現れたときは

ガッツポーズ

だからナビゲーションスポーツはやめられない。

ほな!

 

-OMM JAPAN, 地図読み
-

Copyright© Links.NATURE , 2018 All Rights Reserved.